top.jpg
site.jpg





katu.jpg




jima.jpg
 大阪市住之江区南港北2-1-10
 ATCビル ITM 棟10F A-1
 (一財)大阪デザインセンター内
 TEL&FAX:06-6613-5557
 e-mail:info@jcd-kansai.jp


gaiyou.jpg
 ■商環境の意義と必然を探る
  都市環境が形成されていく過程において、商環境は、一人一人の生活原理を支える領域
  として、その社会的な意義は大きいことになります。一つの小さな店舗であっても、当
  然、それ自体で完結するものではなく、それがかかわる環境への影響を無視することは
  出来ません。まして大型施設、商業街区となれば、環境へ与える影響への配慮が前提に
  なってくるわけです。環境が形成されていく長い時間軸の営みについて、私たちの職能
  の一つ一つの小さな作業は、あたかも街角の一本一本の小さな樹木の生育を見守るがご
  とく見つめていかなければならないし、また評価をうけねばならないのです。
  JCDとは創造と保持のしくみである JCDは都市社会のコミュニケーションならび
  に商業活動にかかわる施設・環境計画及び設計技術の向上を図り、もって商業環境の質
  的充実と生活文化の発展に寄与することを目的としています。

 ■組織の沿革と歩み
  社団法人日本商環境設計家協会(JCD)関西支部は1961年の協会設立の年から大阪地
  区本部として活動をスタートし、半世紀にわたり関西地区での商環境デザインのリーダ
  ーとして幅広い活動を行ってまいりました。

  (1983年からは協会組織の改変に伴い全国6支部制となり現在の関西支部と名称を改め
  ております。)
  会員は商環境デザインにかかわる専門家の集団であり、大きくデザイナー・プロデュー
  サー・ディレクターコンサルタントに分類することができます。その中には後進の育成
  にたずさわる教育者や研究者も含まれ、さらにそれらをサポートする賛助会員・協賛企
  業などによって構成されています。

  JCDの活動は『本協会は都市社会のコミュニケーション並びに商業活動にかかわる施
  設、環境の理念及び設計技術の向上を図りもって商環境の質的充実と生活文化の発展に
  起用することを目的とする。』
  という定款の目的を実行することにありますが、さらに関西支部では私たちが拠点とし
  ている関西地域に古くから根ざした歴史や文化・風習を守り、それらを生かしながら新
  しい文化を切り開いていくことで支部の存在価値を高め、支部会員がそうした共通の目
  的と方向性を見失わず共有できる環境を整えながら、今後も商環境デザインのリーダー
  として、しっかりとした足取りでたゆまぬ歩みを続けていきたいと考えております。


            一般社団法人 日本商環境デザイン協会 関西支部長 中村裕輔

Copyright(C) 2013-2017 JCD・一般社団法人 日本商環境デザイン協会 関西支部. All Rights Reserved.